よくある質問

  • HOME>
  • よくある質問

よくある質問

よくある質問

ピルについて

ピルを飲めば避妊できるようになりますか?

ピルは正しく服用すればほぼ確実に避妊することが可能で、避妊率は99%以上とされています。

避妊はコンドームだけではダメですか?

コンドームも有効な避妊方法ですが、セックスの途中で取れたり、破れたりする場合がありますので、より確実に避妊したいということでしたらピルを服用されることをおすすめします。

ピルの効果は避妊だけですか?

避妊は数あるピルの効果のうちの1つで、そのほかにも生理痛や生理不順の改善、月経困難症の軽減、子宮内膜症の予防、ニキビなどの肌トラブルの改善、卵巣がんや子宮体がんのリスク低減など、色々な副効果が期待できます。

ピルには副作用はありませんか?

基本的に安全なお薬ですが、初期には吐き気、頭痛、胸の張りなどの軽度の副作用が起こる場合があります。
また患者さんによっては血栓症のリスクが高まることもあります。
こうしたリスクをできる限り低減させるために、安心・安全なピルの処方に努めていますので、過度にご心配にならずにまずは一度ご相談ください。

ピルの服用は誰でも始められますか?

妊婦様、また妊娠している可能性がある方、高血圧の方、脂質異常症の方、血栓症の既往歴・家族歴がある方などは服用に際して注意が必要ですが、健康な女性であればほとんどの方は問題なく服用していただけます。
生理痛などでお困りの中学生が飲み始めるなど、低年齢の女性でも始められるものです。

医療脱毛しているのですが、ピルの服用は問題ありませんか?

問題ありません。
詳しくお知りになりたいということでしたら、お気軽に当クリニックへお問い合わせください。

ピルを飲んでいることをまわりに知られたくないのですが…

ピルは決して隠れて飲むものではなく、自立した女性として、そして自己管理ができている女性としてもっと誇りを持って良いものだと思っています。
まだまだ従来のイメージが強い側面もありますが、時代は変わりつつあり、例えば万全の体調で受験を迎えるために飲まれたり、スポーツ時のパフォーマンス力を高めるために飲まれたりするなど、新しいピルとの付き合い方を始められる方が増えています。

中絶手術について

中絶手術はいつまで受けられますか?

「母体保護法」という法律により妊娠22週未満(妊娠21週6日)までしか行えないと決められています。
そのため22週以降は手術が受けられなくなりますので、手術をお考えでしたらお早めにご相談ください。

中絶手術は日帰りですか?

当クリニックが行っている初期中絶手術は、基本的に日帰りで受けていただけます。

中絶手術を受けることを家族に知られたくないのですが…

守秘義務がありますので、患者さんが手術を受けられたことが外部に漏れる心配はありません。
安心してご相談ください。

※手術に際しては、パートナーの方の承諾(サイン)が必要となります

中絶手術は痛みますか?

当クリニックでは、静脈麻酔と局所麻酔(傍頸管ブロック)という2種類の麻酔を併用して、できる限り痛みを抑えるように努めています。
全身麻酔による手術も可能ですが、当クリニックの方法でしたらその必要はなく、より安心・安全に手術を受けていただけると考えております。

出産経験がないのですが、頸管拡張は必要ですか?

当クリニックでは患者さんの負担を少しでも軽減するために、麻酔の量・種類を工夫することで、出産経験がない方であっても頸管拡張なしでの手術を可能にしています。
早く覚めるように麻酔の種類も工夫していますので、個人差はありますが、痛みが少なく、それでいて麻酔が長引かない処置が可能となっています。

手術後、すぐに仕事へ行くことはできますか?

手術当日は安静にしていただき、翌日からはお体に負担をかけない内容でしたら基本的にお仕事していただいても大丈夫です。
詳しくは手術後の診察時に医師へお尋ねください。

075-708-3627

お問い
合わせ