中絶手術について

  • HOME>
  • 中絶手術について

中絶手術とは?

中絶手術とは?

妊娠22週未満(妊娠21週6日)までに行う手術です

中絶手術とは、色々な事情があって妊娠したものの意図的に中絶することを決めた方に行う手術で、「母体保護法」という法律により妊娠22週未満(妊娠21週6日)までしか行えないと定められています。
妊娠週数により「初期中絶手術」と「中期中絶手術」に分けられ、それぞれで手術の内容や手術後の手続きが異なります。

初期中絶と中期中絶の違い

初期中絶手術

妊娠12週未満(妊娠11週6日)までに行う中絶手術で、中期中絶手術と比べて比較的お体への負担を抑えて手術することが可能です。
入院の必要がなく、基本的には日帰りで受けられます。
また、手術後に各市町村へ死亡届を提出したり、火葬・埋葬を行ったりするなどの手続きも不要です。

中期中絶手術

妊娠12週以降から22週未満(妊娠21週6日)までに行う手術で、基本的に入院が必要になります。
お薬を使って人工的に陣痛を起こし、出産と同じような形で分娩する方法で、初期中絶手術と比べるとお体への負担が増すとされています。
また、手術後には各市町村への死亡届の提出、火葬・埋葬などの手続きが必要になります。

当クリニックでは中期中絶手術は行っておりませんので、信頼のおける施設をご紹介させていただきます。

中絶手術をお考えの方へ

痛み・負担を抑えて安全に手術いたします

痛み・負担を抑えて安全に手術いたします

京都市東山区の産科・婦人科江川クリニックでは、妊娠12週目未満の初期中絶手術に対応していて、それ以降の中期中絶手術につきましては信頼のおける施設をご紹介させていただきます。
手術は日帰りで受けられ、またできるだけ痛み・負担が少なくて済むように努めておりますので、お一人で悩み続けずにお早めにご相談ください。

※手術に際しては、パートナーの方の承諾(サイン)が必要となります

できるだけお早めにご相談ください

妊娠週数が進めば進むほど、お体への負担が増すなどのリスクが高まってしまいます。
望まない妊娠でお悩みで、中絶手術をお考えでしたら、できるだけお早めにご相談ください。
「中絶するか、産むか?」というところから一緒になって考えさせていただきますので、お一人で抱え込まずにまずは一度ご連絡ください。

075-708-3627

お問い
合わせ